助産学生な毛玉の日記。写真もきまぐれにペタペタ。


by m.kedama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

あああああああ!

2校目に受験した学校から、今日連絡が・・・・!!!!
(2月14日追記:マイマザーの勘違いにより、始めに受験した学校からでした。)

助産学校に合格しました!!!

春から念願の助産学生です!!!
助産学が勉強できるんだ・・・。
嬉しい・・・嬉しい・・・。
幸せだぁ~~。

この3連休、落ち込むまで落ち込んで
もう人生だめだぁとまで思ってたけど・・・
ふわっと救われました。

必ず、立派な助産師になってみせます!!
心の師である、あの助産院の先生のようになります。

支えてくれた方
応援してくれた方
ほんとにほんとにありがとうございます!!!
興奮していて文がうまくかけません・・・w
[PR]
# by m.kedama | 2007-02-13 12:44 | 日記。

2校目、結果。

今日、2校目に受けた助産学校の合格発表でした。
学校の掲示板まで見に行きました。

私の受験番号は・・・
ありませんでした。

覚悟はしていました。
でも正直、悔しい。
悔しくて悔しくて仕方がない。
悲しくて悲しくて仕方がないです。

認めなければいけない現実があって、
でもそれは自分の実力が足りなかっただけで。
正直この数ヶ月は本当に頑張りました。
でもいくら頑張ったとはいえ受験は結果が全て。
試験ができた人が合格する。
私はあと20日後に国家試験を控えてる。
落ち込んでる暇はない。

頭じゃわかってます。
でも涙が止まりません。



ただ、一つだけ言えることは
自分の努力してきたことは無駄じゃないということです。
助産師という夢を諦める気は毛頭ありません。
どんな道でも絶対、なってやろうと思います。


私が助産学校の受験をする間・・・
本当にたくさんの人に励まされて
応援されて
支えられて
その皆を思うと申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、
ありがたい気持ちでもいっぱいです。
本当に本当にありがとうございます。

2月6日追記:
たった今!私宛の書留郵便が届きました!!
まだ手が震えてる・・・

2校目も補欠合格でしたぁ!
全然できなかったわけじゃなかったんだぁ・・・。
よかった・・・。

でもどうだろうなぁ、どうだろうなぁ。
去年の人の話では、受験した学校全部補欠合格で、全部連絡来なかったということもあるみたいです。
期待しちゃいけないけど・・・やっぱ期待しちゃいます。
ヘビの生殺しだぁ・・・
もう後は祈るしかありません。
お願いします、神様!!!
[PR]
# by m.kedama | 2007-02-05 21:04 | 看護。
どうも、こんばんは☆
けだまです。

大事な助産学校の試験が終わり、
1週間も経つのにいささか脱力感から抜け出せない・・・
そんな今日この頃。




ROCOちゃんのライブへ行ってきましたぁああ!!

ライブに行くのはこれで4回目。
ライブが始まる前、もう数年間ROCOちゃん大好きだったなぁ~・・・と思い返してました。

JAZZが昔から大好きで、
初めてROCOちゃんを聞いたときには体に稲妻が走りました。
まさに、稲妻ラブ!!(あ、こういう曲があるんです。(笑
少し切なくそれでも前向きな歌詞にいつもいつも励まされてたなぁ。
この数年間いろんなことがあったなぁ・・・としみじみ・・・

している暇もなく!

ライブが始まったらまさにSWING SHOW!!
後ろの方で、歌いながらナヨナヨ揺れてたのは私です。(笑

ROCOちゃんを好きな理由の一つ!
曲のクオリティーがめちゃくちゃ高い!!
キーボードの桜井さん!パーカスのさちこさん!!
そしてROCOちゃんのボーカル!
すべてがめちゃくちゃ、うまいんです。

前のライブで演奏したどの曲も一つとして同じものはないんです。
全部、雰囲気が変わってる。
だから毎回のライブが楽しくて仕方がないんです。

そして、「ソライロ」という曲では号泣。

『ぼくらはなぜ 夢を見るの?
明日もまた笑っていたいから

ぼくらはなぜ がんばれるの?
手にした奇跡 放したくないから

この空気たちと 時間に抱かれて
ここにいる』

どうしても、助産師になりたくて
でも
自分の進路があやふやな今
歌詞が胸に響きました。
狭いカフェ、絶対見られてるーって思っても涙が止まらなかった。

ROCOちゃんがMCで、
「私ドジだからさー。
失敗ばっかりして落ち込むけど
でも、落ち込んでる時間がもったいない!」
って言ってました。

こういう前向きな気持ちがあるから、こんなに人を
感動させる
幸せにさせる
詩が書けるんだろうなぁ。

私もROCOちゃんみたいな女性になりたい。
あははーって笑ってなんでも吹き飛ばせる強い女性になりたい。

そして、ROCOちゃんみたいに人に幸せを与えられる助産師になりたい!!
って改めて思いました。

ROCOちゃんいつもパワーをありがとう!!!
国家試験まで、あとちょっと!頑張らなきゃ!
国家試験受けるみんな!
みんなの分までパワーもらってきたから!!(笑)
あ、ROCOちゃん、聴いてみたいと思ったらけだままでどうぞ(´∀`*) (笑)

そして、
b0038412_18463424.jpg

ROCOちゃんの風船、買っちゃいました(´∀`*)
かわいい(´∀`*)
幸せ~~(*^m^*) ムフッ
[PR]
# by m.kedama | 2007-01-29 18:47 | 日記。

とりあえず・・・

助産学校の試験、全て終わりました。

今は全てを出し切って・・・憔悴しています。

助産師になりたい気持ちは伝わったかな・・・
精一杯伝えたつもりです。

去年9倍だった倍率は今年10倍に。
考えると泣きそうです。

でも、解答は全部埋めました。
悔いはありません!

そして、ここまで頑張ってこれたのはみんなが応援してくれたからです。
一人じゃ絶対無理だった。

みんながくれたお守り、指輪、メッセージ・・・
全部持って行きました。

試験中もみんなの顔を思い出して、自分を安心させました。
本当にありがとうございます。

もう、どんな結果でも受け入れたいと思います。
[PR]
# by m.kedama | 2007-01-23 17:30 | 看護。

結果・・・。

助産学校のうち一個、結果が出ました。


不合格でした。


みんな応援してくれてありがとうございます。
ショックだけど・・・

次の試験が23日に待ってます。
やれることがあるから、切り替えて頑張ります。

次は悔いのないように・・・。

1月21日追記:
みなさん、コメントありがとうございます><
発表日に比べて大分、気持ちは落ち着きました。
昨日、学校から「補欠合格」と連絡がありました。
まだ希望があるかもしれない。

一回、失敗してみて
「どうしてこんなに辛いのに助産師になりたいんだろう?」
こう考えた時、辞めるという選択肢は私の中に浮かびませんでした。
やっぱりなりたい!諦めたくない!
もう、泣くだけ泣いたし、弱音も吐きました。

23日、精一杯やってきます!!
[PR]
# by m.kedama | 2007-01-19 22:11 | 看護。

カウントダウン

助産学校の受験まで秒読みです。
月日が流れるのは早いもんです・・・。

受験すると決めてから約半年。
あっという間だったぁ・・・。

正直、怖いです。チキンです。

でも、受験が終わるまでは強気で行きます。
助産師になりたい気持ちは誰にも負けない!・・・って。

そして、応援してくれている人を思えば、大丈夫な気がしてきます。





よし!
いざ、出陣!
[PR]
# by m.kedama | 2007-01-08 21:21 | 看護。

出してください!

家でお勉強しています。

私の部屋は、昼になるととても日当たりがいいです。
ぽかぽか。

すると・・・
はるちゃんが私のベッドを占領します。

ウトウト・・・ウトウト・・・
b0038412_175686.jpg

いいなぁ・・・私もごろごろしたい~~。

腹が立つのでいつもちょっかいをかけます。
うりうりうりうり~

あまりやり過ぎると・・・
b0038412_1752679.jpg

「出してください!こんな部屋、もう出て行ってやるわぁ~!」
出て行ってしまいます(´・ω・`)ションボリ

そんなメリークリスマス。

昨日、学校の受験票が届きました。
受付当日に出したのに、結構番号は後の方。

あぁぁ受験するんだなぁ・・・。しみじみ。
いらん、緊張・・・しちゃいます。((o(б_б;)o))
[PR]
# by m.kedama | 2006-12-24 17:05 | 日記。

22歳になりました★

12月20日、22歳の誕生日でした。
朝から夜にかけて、久しぶりに一日中遊びまわりました。

びんでぃ~ずのみんな、サプライズパーティをどうもありがとう。
ほんとびっくりして、オロオロしちゃったけど、
驚きすぎて、泣くのも忘れちゃったけど、
ほんとにほんとに嬉しかったんです。

本当にたくさんの人たちからメールをもらって、
文字通り両手に抱えきれないたくさんのプレゼントをもらって、
おめでとうと言ってもらえて・・・
私は世界一の幸せ者だと思いました。
こんなにたくさんの人から祝ってもらえたのは生まれて初めてでした。

私の周りにいてくれているみんな、本当にありがとう。
もう、ありがとうとしか、よう言えません。(笑
不器用です・・・はい・・・。

本当にありがたいです。
みんな大好きです。
大好き大好き。





22歳の一年はしょっぱなから勝負の一年になりそうです。
でも、みんなが応援してくれるから頑張れます。

きっとこれからいろんな人にお世話になると思います。
私はまだまだ子供で、未熟です。
でもすくすくぽん!元気に育てるように頑張ります!(笑)


22歳の毛玉をこれからもどうぞよろしくお願いします!!(●´ω`●)
[PR]
# by m.kedama | 2006-12-23 01:35 | 日記。

まさかまさか・・・


『けだまちゃ~ん!!!!』


呼ばれるとは思いもしませんでした。




・・・・・・

昨日は、シネマのバイトの忘年会でした。
最近、忙しくてバイトにも全然行けなくて・・・

でも、忘年会だけは行きたくて。
みんなの顔を久しぶりに見れて
もうそれだけで嬉しくて、めちゃ楽しんでいました。


・・・・
忘年会に行ったお店は、店員さんが誕生日を祝ってくれるイベントがあったのですが当日までまったく知りませんでした。

突如くばられる、タンバリン。
「なにこれ?」
と友達に聞くと、
「お祭りが始まるよ~。」
と、教えてもらいワクワクして待っていました。

店内が真っ暗になり、
サンタさんの店員さんが数人登場。

今日誕生日の人たちを呼び出し始めました。
「今日誕生日の○○さん~!」

「○席の△△さ~ん!!」

タンバリンを持って
「うお~!」と拍手。
「すごいすごいー!」
と思っていると・・・

『F席のけだまちゃ~~~ん!!』

「!?!?!!!!!!」
一瞬何のことかわからなかったです。

「∑(゚m゚=)呼ばれてる!?」

『前に出てきてください~!』

みんなの席とはちょっと離れたアウェーへ(笑)呼び出される・・・

そこでは一人ずつ紙粘土で作られたかわいいケーキと共に皆からのメッセージが読み上げられました。

メッセージ、の最後。
「試験前で大変だと思うけど、頑張ってください。」

メッセージが読み上げられている間泣くの我慢してたけど、その言葉にもう号泣。
アウェーで一人号泣(TT▽TT)ダァー

みんなの席へ戻ると、店員さんが踊る踊る。
サンタが踊る踊る。
その間も号泣。

店員さんの言葉、「生まれたことに感謝してください。」
その言葉に号泣。

イベントが終わり、お店が明るくなっても号泣。
もうほんと、嬉しくて嬉しくて・・・
皆には「ありがとうございます・・・グェフグェフ。」

それしか言えませんでした・・・
もっと気の利いたこと言えんのか、私・・・



最近、助産学校の受験勉強がうまく進まなくて、
投げやりになったり、
イライラしたり。
かなりネガティブになってました。

でもこんなにたくさんの人に応援してもらってることに気付いて、
自分が恥ずかしくて申し訳なくて、
それでも号泣してしまいました。

シネマのみんなに本当にパワーをもらいました。
めがねの言葉、「本当、皆に感謝しなきゃだね。」

ほんとそうです・・・
みんなありがとう。
ありがとうありがとうありがとう。

絶対受かってみせる!

私は、みんなのような仲間ができて本当に幸せ者です。
ありがとう・・・

最高の誕生日プレゼントでした!!!!

よし、勉強しよう!










※コメントの際、パスワードには適当に4つの数字を入れてください。
[PR]
# by m.kedama | 2006-12-08 22:01 | ばいと。

謝辞

Ⅰ.はじめに
 本研究では、私の卒論への取り組みを明らかにする。
M先生の研究室に決定したのは、M先生が大好きだったからである。
また、ダンディーだったからである。
4年次の実習が7月に終わるまで、卒論に関してなにも行わなかった。
8月になってもなにも行わなかった。
正直、焦った。
しかし、M先生1)によると、「まだええわ~。なんとかなるわ~。」
と言われていた。

9月中旬になり「さすがにやばいかもしれん。」と思い始め、また、M先生より1)「そうやね~。そろそろやりましょか~。」
との言葉が聞かれたため、しぶしぶ開始した。

Ⅱ.方法
10月初めに多くのヒントを頂きながらテーマを決定した。
すでに遅いと思われる。
10月初めには文献との戦い。
そして中旬からは母乳パットと細菌との戦いであった。

Ⅲ.結果
寒風吹く中、8時間母乳パットを装着した・・・寒かった。
そして、48時間細菌を培養した寒天培地は・・・臭かった。

Ⅲ.考察
 わからないことがあるとすぐ「しぇんしぇ~い(T△T)」と研究室に足を運ぶ日々であった。
私に文章力がないことが考えられた。そして、M先生に日本語力がない私の文章をほぼ毎日、添削して頂いた。
さらに研究室のステキ姉さんたちに囲まれ、マッサージしてもらいながらパソコンに向かった。

・・・そして、ある日はソファーで昼寝をした。
ある先生に「このゼミはなんだ・・・。」と言われた。
呆れていたと考えられた。

しかし、私もやるときゃやった、と考えられた。

Ⅳ.結論
1.私に日本語力とボキャブラリーがないことが考えられた。
2.私のすぐ人に頼る傾向が明らかになった。
3.私の周りの人たちは皆いい人たちばかりということが明らかになった。
4.締め切りの1時間前にようやく提出できることとなった。

謝辞
ご指導・ご示唆のみならず、公私にわたり常にお世話になりました○△大学 M先生に心より深くお礼申しあげます。
そのほかにも…
カビビビーンK先生・・・
いつも励ましてくれた同じゼミのお姉さん方・・・
パソコン室のみんな・・・
家族・・・
びんでぃ~ず・・・
めがね・・・
およびこのブログを読んでくれた方・・・
それぞれの方に厚く厚~~~~く感謝致します。


参考文献
1)M助教授のすべてホームページ:http://misutaa/daisuki.sosite.minnna/daisuki/xxx.pdf
(2006年12月1日アクセス)
[PR]
# by m.kedama | 2006-12-01 20:23 | 看護。