助産学生な毛玉の日記。写真もきまぐれにペタペタ。


by m.kedama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

カンファレンス。

金曜日、実習の最後にカンファレンス※がありました。
(※臨床実習中に学生の実習をより効果的にする目的で、臨床指導者や教員と患者のケアについてディスカッションしたり、学生間の看護に関する意見や情報交換を行うこと。)

グループの子が受け持ち患者さんの話を始めました。
「私の患者さんは本当にしっかりしている方で、ADLにも問題ない方です。
術後、造影をしたとき吻合部に漏れがあるかもしれなくて飲水が遅れてるんです。
経過通りいかなくて患者さん、落ち込んでると思うんです・・・。
でも、そんな感情をまったく見せないんです
私はバイタルサインを測ることしかできなくて。」
と話しながら泣き出しました。
もらい泣きしそうになりながらも、司会だったので泣けず…。

すると同じグループのある子が・・・
「強がっている人ほど、夜に一人で泣いてたりするんです。
私も入院している時、強がっていたら退院する時看護師さんに『強がってたね。』って言われて。」
とまた泣きながら話し出すんです。

もう、涙腺のリミッターが外れました。
号泣。
先生まで泣いていました。(笑

また別の子が
「見守ることも看護っていうから、そばにいるだけでも看護になるんじゃないかな。
なにか特別なことをしなくても。」
と。

私のグループの子は優しい子ばっかりだなぁと思いながらずっと泣いちゃいました。
感動的なカンファレンスでした・・・w
その子が患者さんを想う気持ちはきっと患者さんに届いていると思います。
[PR]
by m.kedama | 2005-10-30 08:38 | 実習。

むむむ・・・。

実習中、手術室の師長さんに質問されました。

「この前、新潟中越地震の一周忌がありましたよね。
そういうことが、あなた達が手術室に実習にきてるとき起こるかもしれない。
そのときあなた達はまだ学生だけどやらなければいけないことがあるはずです。
なんだかわかる?それを今度聞くから考えてきてね。」
と。

学生A:「患者さんの安全を守るの?」
学生B:「でも開腹してたらうちらじゃどうしようもできなくない?」
学生C:「そうだよね~・・・。」
グループ全員:「(-""-;)ムム・・・」

同じグループの子達と頭を抱えましたが、結局分からずじまい・・・。
手術を見学中、地震が来たら・・・ただアタフタしそうです。
どうすればいいんだろう・・・。
[PR]
by m.kedama | 2005-10-27 18:58 | 実習。

術後。

外科系の実習始まりました!

私が受け持たせていただいた患者さんは昨日、胃癌の摘出手術を受けました。
今日は術後1日目だったのです。

とにかく傷が痛そうで痛そうで・・・。><
苦しそうで苦しそうで・・・。
動くたびに顔をしかめていました。

顔をしかめながらも、一生懸命離床しようとしていました。
すごい患者さんだなぁ・・・と。
私も頑張らなきゃ。

そしてなによりびっくりしたこと!
術後1日目でも順調であれば病棟内歩行ができるということです。
患者さんが、傷が開かないか気にする理由もわかります・・・。
なぜか私もハラハラしてました(笑
[PR]
by m.kedama | 2005-10-25 19:09 | 実習。

成人外科系実習。

また明日より実習が始まります。
次は成人外科系看護、手術をした患者さんの看護を学んできます。

外科系、とても興味があるので楽しみです!
うまくいけば手術も見れるそうです。
み・・・見たい・・・。
手術室ナースに勝手に憧れを覚えています(笑

Dr.「メス!」

Ns.・・・(無言でメスを渡す)

ってやってみたい(笑
[PR]
by m.kedama | 2005-10-23 20:41 | 実習。

内科実習終了。

成人看護内科系実習終了しました!
看護問題もアセスメントも計画もケアも多くて、すごくいっぱいいっぱいでしたがなんとか乗り切ることができました。

最終日、患者さんにお礼の挨拶にうかがいました。
「今まで2週間、ありがとうございました。今日で会えなくなるのでさみしいです。」
と私が言うと、患者さんは
「ありがとうね~・・・ありがとうね~・・・。」
とゆっくり言いながら寝ちゃうんです。
患者さんの寝顔を見ながら手を握り、この手をもう握ることはないんだと思うと
どうしようもなく寂しくなって、涙が出そうになりました。
もう一度、患者さんに「ありがとうございました。失礼します。」
と伝え、患者さんの手を離し、学生の部屋に戻りました。
涙をボロボロ流しながら。

本当にいい患者さんでした。
これからこの患者さんはどうなるんだろう。
実習終わってしまうことが残念です。

内科の実習、大変だったけどすごく勉強になりました。
すごくいい体験が出来ました。
患者さんはもちろん、実習中関わった人みんなに感謝してます。
これからの実習も頑張れそうです。
[PR]
by m.kedama | 2005-10-21 20:35 | 実習。

内科実習2週目。

私:「○○さーん、失礼します。」

患者さん:「□△※○・・・△△を呼んで~!」

私:「△△さんですか・・・?」

患:「娘だわ、娘~。」

私:(娘さんはいないはずだけど・・・。
  「娘さん、いらっしゃるんですか?」

患:「そこにおるわ~。」<空きのベッドを指差しながら。>

私:(????
  「え・・・あそこにはいらっしゃらないですよ・・・?」

患:「ええから~、はよぅ呼んでぇなぁ!※△□○☆・・・」

というような会話を患者さんと繰り返しています。
術後のせん妄状態が、夕方になるとひどく現れてしまいます。
せん妄状態の患者さんはとても混乱されていて、別人のようになってしまいます。

最初はとてもとまどいましたが、なんとか患者さんをなだめることができるようになりました。
高齢の方なのについ小さい子をなだめるような感覚に陥ってしまいます・・・。
患者さんがすごく、だだをこねてるからでしょうか。
言葉遣いには気をつけているつもりなんだけどなぁ。
ご本人はとても不安なんでしょうね・・・。
この状態をよくできないかなぁ。

さぁ、アセスメント開始だ><
[PR]
by m.kedama | 2005-10-17 21:36 | 実習。

大好き。

大好きな人がいる。
すごく幸せなのに、突然不安が襲ってくる。
考えたってしょうがないのに。
私は、弱い弱い人間です。
彼がいないときっと私はなにもできなくなってしまう。
彼が私を強くしてくれる。

あなたを失うのが、怖いよ。
私はあなたに何をしてあげられるかな。
[PR]
by m.kedama | 2005-10-15 22:55 | 日記。

成人看護学内科系実習。

実習3日目が終わりました。
十分に眠れない日々が続いていましたが、
この3日間頑張ったので今日はなんとか睡眠時間がとれそうですw

私が受け持たせて頂いている患者さんはCABG(冠動脈バイパス術)を受け、現在心臓リハビリテーションを行っています。
しかし、合併している疾患が多いため、看護問題がとても多いです。
それらの問題によりセルフケアも低下しています。
なので生活上のケアの数も多いです。
記録の量、アセスメント、看護計画が多いのでとても大変です・・・。
アセスメントしてもしてもし足りないです。

実習が始まる直前に患者さんの情報を聞いた時、正直実習が始まる事がとても怖かったです。

でも!

今はとても楽しいです!
洗髪したり体を拭いたりといった直接的なケアができることはもちろんですが、
何より患者さんの笑顔を見るのが楽しみで仕方ありません。
患者さんがにっこり笑った時のあのくしゃくしゃの笑顔、大好きです。
明日もこの笑顔見れるかな。
頑張ろう。
[PR]
by m.kedama | 2005-10-13 19:41 | 実習。

内科。

明後日から始まる実習は、
「成人看護学内科系実習」です。

2週間行って来ます。
私が行く科は「循環器科」。

ということで心臓について勉強中です。

心電図とにらめっこ。
ぼーっと見つめていると全部同じ波形に見えてしまいます・・・。
むむむむ・・(-""-;)
b0038412_1736731.jpg

P波・・・?Q波・・・?
難しい・・・!
[PR]
by m.kedama | 2005-10-09 17:34 | 看護。

一周年。

このブログを始めて一年が経ちました。
もうそんなに経ったんだなぁと思い返しています。

始めた時に比べ本当にたくさんの人が見てくれるようになりました。
恐縮でもあり、すごく嬉しいです。
ブログをやっていて多くの人に出会えて、考えさせられたり励まされたり・・・。
このことってほんとにすごいことだと思います。

ブログでもそうですが、私は周りに恵まれています。
大切な人がたくさんいます。
その大切な人からいつも何かをもらっています。

出逢ったすべての人に、
「あなたに会えてよかった。ありがとう。」
と言いたい。

私は、幸せものだなぁ。
b0038412_22283117.jpg

[PR]
by m.kedama | 2005-10-08 22:27 | 日記。