助産学生な毛玉の日記。写真もきまぐれにペタペタ。


by m.kedama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

死ぬことって?

今週は、「死と看護」という総合講義を受けました。

以前まで無意識的に倦厭していた『死』ということ。
でもいつかは絶対やってくるもの。
今回の講義では看護だけでなく、いろんなことを学べたと思います。
こんなに真剣に講義を聞いた一週間は初めてかもしれないです。

先生の体験談を聞きながら泣きそうになったり・・・、

老年の実習で受け持った患者さんのことを思い出して泣きそうになったり・・・、

先生が持ってきたビデオを観て、涙が止まらなくなったり・・・

こんな講義、看護大学ならではじゃないかなって思ったりしました。
あぁ、ますます涙もろくなってる。

死にゆく人を支えることなんて今の私にはとうていできないだろう。
これからできるのかもわからないし、自信なんて微塵もない。
でも、先生が
「死生観を少しずつ磨いてください。」
って言ってくれました。

「死」について考えていくことはやめないでいようと思います。





皆さんは、どんな風に死にたいですか?
[PR]
by m.kedama | 2006-09-22 22:07 | 看護。