助産学生な毛玉の日記。写真もきまぐれにペタペタ。


by m.kedama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

クリニークラウン。

皆さん、クリニークラウンってご存知ですか??
一緒に実習に行ったみんなはわかるよね^^

クラウン(clown)って元はサーカスなどで活躍していたピエロ、いわゆる道家という意味だそうです。
欧米ではクラウンの方々はサーカスなどの場にとどまらず、障害者施設・老人ホーム・ホスピス・病院・被災地・戦地などで活躍されているそうです。

いろいろな場所で人々を笑わせて、楽しい気持ちにさせる・・・
このようなクラウンの方のお話しを聞く機会が小児看護学実習の中でありました。

このクラウンの方は13年の経験を持つベテラン。
風船のパフォーマンスで私達を楽しませてくれた後・・・
本当に素敵な話を聞くことが出来ました。

「僕、風船のテクニックうまいでしょ?
ここまでできるのはたくさん練習したからです。

皆さんにお願いです。絶対的な技術と知識を持ってください。

絶対的な技術を知識を持って、人に目を向けてください。

皆さんの相手は病気ではありません、人です。

親御さんが笑えば、子供も笑う。
そして僕も笑うんです。笑いの三角形ができるんです。

看護師さんが笑っていれば、親御さんも笑うし、子供も笑うんです。」

なんて素敵なんだろう・・・。
思わずメモをとってしまいました。

しかしその後さらに、驚いたことが。
なんとこのクラウンの方は有名なパッチアダムス先生の知り合いだそうで!!
私、「パッチアダムス」っていう映画、大好きなんです。
この映画を観ると、医療職を選んでよかったって思い直せます。

「あのパッチアダムス先生とお知り合いなんて~~(クラクラ」

もっと話しが聞きたい!と、
クラウンの方が着替えるのを出待ちして(笑
少しお話しをさせて頂きました。

その時のクラウンの方の言葉。
「僕は、少しでも子供が笑ってくれればそれでいいんです。」

忘れられない、素敵な言葉。
人を幸せにするクラウンという職業に、誇りをもって就いているんだと感じました。
かっこいいなぁ。

私、笑うことしか能がないけど、このクラウンの方みたいに人を幸せにしてあげられたらいいなぁって思います。

ミチの日記に載ってたパッチアダムス先生の言葉を引用させてもらいました。w

普遍の友情を周りの人に向けて欲しい。他の人を思いやることに大きな人生の意味があると考えて欲しいのです。そして、笑いというのは、私たちの生命にとって、水や空気と同じくらい必要です。愛、笑い、思いやりを他の人に届けてください。
(by.パッチ・アダムス)

一生、この言葉を忘れないでおこう。
絶対。
[PR]
by m.kedama | 2006-04-28 20:27 | 日記。